上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花火大会が大好きです!

10年以上前に
劇団☆新感線が上演した


『大江戸ロケット』


って舞台があったんですけど、
その時のいしだ壱成さんの熱い芝居で

花火師になろう!

って、
危うく人生の岐路になってしまう程、
花火師をリスペクトするようになって


花火大会で打ち上がる沢山の種類の花火を眺めながら、
この花火はどんな花火師のどんな想いが込められてるんだろ…って

だから
花火大会のクライマックス、
一気に打ち上がる花火や
花火が何重にも何重にも重ねられて
バカでかい花火になる瞬間は
花火師全員の

「行け行け行け行けー!」

って気合いの入った叫び声が聞こえてくるようで

胸が熱くなって


勇気がもらえます。


“たまやー”とか“かぎやー”とか
そういう掛け声を言う習慣はないんですけど

この自分の興奮や感謝を
花火師や花火大会の主催者達に
届けたくなって


叫びます(笑)


実際、言われたことはないですけど
一緒に行く人とかには迷惑かかってるのかもしれないレベルで…



だから

花火大会の楽しさがわからないって人の気持ちがわからない!
人混みとか暑いとか、うるさいとか別に綺麗と思わないとか…

残念な人ですね

でもね…
僕も
どんなんでも好きって訳ではないんですよ

色んな花火大会に行って
凄いのに出会えば出会うほど
目がこえてしまって
どこでも楽しめる訳ではなくなってしまい…

こだわりがあるのはいい事かもしれないけど
ちょっと寂しい気もします
せっかく大好きな花火大会に行ってるのに、センスがないとかショボいとか、そんなこと気になるなんて感受性が貧困になった気がする。


と、まぁそういう訳で
結構、レベル高めの花火大会を選んで行くようにしてるんですけど

今年の『神奈川新聞花火大会』も凄かった!
期待を裏切らない!

涙が流れるんですよ
神奈川新聞の花火は!

まぁ僕だけだと思うんですけどね^o^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。