上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そんな夢を観た。


何故か実家にいて


高校の頃から仲良くしてる連中は
健史の誕生日集まろうぜって

言ってくれたのに
みんなお仕事で集まりはナシ…


実家には父親がいて、母親がキッチンにいて、誕生日なのに、いつもの風景。
そこに姉が帰ってくる。


姉は


「誕生日やねー」




って、それだけ。



ま、
実家ってそんなもんです。


家族に誕生日を盛大に祝うなんて
逆に恥ずかしいし…


ね?



いつも通りにご飯を食べて
お酒も少しいただいて
早めに寝る…


ん?
なんか寂しい!


寂しいよー!!


そんなことを感じた瞬間。
電話が鳴る。


集まれないと言ってた友達からの連絡!


おぉ⁉


しかも
なんかモゴモゴと
喋りながら
「これからちょっと出て来れる?」
なんて言ってる


これは?


これは?



サプライズやー!


完璧にサプライズやー!



でも
せっかく用意してくれた
サプライズ

ちゃんとリアクションしなきゃ!

あ、でも
手ぶらは変か
ケータイはいるな写メ撮るやろし
ほな、こんな格好もな

よし、これでバッチリや!


わー‼
どんなサプライズが待ってるんやろぉ~

と玄関を開けた瞬間。


目が覚めた( ̄◇ ̄;)

夢…

家に一人ぼっち…


誰にも祝ってもらえない…


なんなら


誕生日は…まだまだ先や
σ^_^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。