上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
誰かの為に…
誰かの為に…

と、ずっと考えていたせいか
この3日とも親戚や友達の子どもの世話をすることに(笑)

これが被災地であれば立派なボランティア活動なのだけど…

でも
子どもに笑顔をあたえるのは人として当たり前のことだ

まあ
笑顔をあたえられていたのは俺の方だが、それはいいとして。


夜は芝居関係の知り合い達と酒を交わしながら
悪い企みをしていました。

別に企みの前に‘悪い…’を付ける必要はないのだけれど
まだ見込みのない芝居の企画を楽しげに好き勝手言っているのは、いずれ実現した際に責任を取らなくてはいけない人達に申し訳ない気分になる。
だから一応‘悪い…’と付けたくなったが、きっと自分も責任を取らなくてはいけない内の一人。ってことは結局この説明は不毛か。


そんな
実家に帰ってきてからの3日間。

無事を知らせることによって、親を喜ばせ、友を喜ばせ、結果的に自分の心に温もりがジワジワと返ってくる。

人と人とは
きっと
そんなもんなんだろう

何かをしてあげようと
すれば
望んでもいないのに
何かで返ってきて
結局、何かしてあげたって気分にはならず
また、何かをしてあげようと

繰り返して…
人と人とは支え合って生きていく

逆に何かを奪ってやろうとすると
望んだものは手に入れられても
望んだ以上のものは返ってこない

奪い合う関係の中には何も生まれない
最終的な‘絶望’だけ…


やっぱり俺は
誰かの為に
素敵な舞台、楽しい舞台を作っていこう!



なんだか今夜はアドレナリンが出てしまって
眠れそうにない

楽しい舞台のことでも考えて
ムフフな顔のままで気付いたら寝てるってパターンにします!

おやすみ♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。