上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あるコンビニで
小さなお弁当と小さなパックのお茶を買いました

50歳くらいのオジサンがレジしてました

片手にいっぱいの釣銭を握りしめ僕に渡すオジサンは
大人の真似を一生懸命にする子どもにも見えました

そんなに沢山あった訳でもないのに
僕の手から1円玉が落ちてしまいました

オジサンは
お弁当を温めながら
僕に確認して
お弁当用の茶色のレジ袋に先にお茶を入れました

温め終わったお弁当をお茶の横に入れ持ち上げると
お弁当が傾きました

オジサンは何回か
お茶とお弁当が袋の底に並ぶように
お茶を横に押してました

でも何度持ち上げても
無惨にも傾くお弁当
僕はさり気なく左手で傾かないように底を支えて店を後にしました

僕はなんだか悲しかった

みんなはどう思った?
スポンサーサイト

コメント

嗚呼…世知辛い世の中ですね。
でも最近のコンビニでご年配の店員さんをよく見掛けるような気はします。
作業内容的にそんなに難しくないとは言えど、やはり不慣れな点が多いでしょうね…
健史サンのようにそっと手を差し伸べる優しさが皆にあれば良いんですけど、中々そうもいかないでしょうし…
ウチがそういう場面に出くわしたら、「お茶はシールで良いです」って言いますかね(笑)
哀しいですし、もっと頑張って生きてゆこうと思いますね。
自分の父親と重ねたらちょっと切なくなるかも……。
不慣れな手つきに、この方の背景を想像してしまいますね。
ここで働かざるをえない事情があったのかな……とか。
ただ単に不器用なだけならいいのですが(笑)

私は、家族連れで賑わう大型ショッピングセンターのフードコートで一人食事をしている高齢者の方を見たら、色々想像して勝手にショボンってなります。
哀しくなった理由に 最初二つの理由を想像してしまいました・。

私も 同じ場面に出会ったら
悲しい気持ちになると思います・・。
でも そう感じることも間違ってるのかな
・・とも思ったりして 考えてしまいました。

でも いろんなこと感じて 生きてかなきゃだめなんですよね・・・

このコメントは管理人のみ閲覧できます

同じ様な場面に出くわすことあります。
厳しい事を言えば、
店員としての仕事の質を
その人自身が上げていかなければならない。
私もコンビニバイト経験者、
慣れれば袋詰めのコツ
精算のコツ
声掛けのコツ
掴みますよね。
仕事なら何でもそうだと思いますが。

50代でも60代でも
バイトでも正社員でも
お給料戴いている以上
客からすればプロ。お客様の手を煩わせてはいけないし、そんな印象を与えてはいけない。

でも…やっぱり悲しいものがあると思う、
勝手な解釈ですが…。
きっと定年まで少しの、バリバリ働いているはずの方達が
訳あってそうしている。
まだそこで採用されているだけいいのかもしれない。
もっと過酷な状況に置かれている人も―――?
これ以上書くと、国が~とか
政治家が~とかなるので
止めますが(=_=;)
みんなが意欲もって働けて
ちゃんと笑って生活していける
世の中であってほしいと願います
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なんだかんだ思っても、でも最終的に笑顔で「(お会計してくれて)ありがとうございます」と、
素直に相手に感謝できたらそれが一番かなと私は思います。
笑顔の力は絶大です♪
伝染しますから☆

一つでも多く笑顔を届けられる人になりたいです。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。